府中市に対応しているポスティング業者紹介の府中市ポスティング.com|府中市の歴史

「府中市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

府中市あれこれ

府中市の歴史

府中市の歴史の写真

 飛鳥時代

大化元年(645年)の大化の改新により、武蔵・秩父の2国が統合し、武蔵国が誕生しました。その時、国府が置かれ、早くから政治・経済・文化の中心地として栄えてきました。

 鎌倉時代・室町時代・戦国時代

12世紀の鎌倉幕府の時代、府中市は鎌倉と北関東を結ぶ鎌倉街道の要衝であり、多摩川は鎌倉防衛において、とても重要な役割を果たしていました。元弘3年(1333年)に、上州討伐の新田義貞は、分倍河原の合戦で北条泰家を破り、鎌倉に攻め上ると、鎌倉幕府は滅亡しました。

正平7年(1352年)、足利尊氏は高安寺に陣営を置き、人見が原で新田義興・義宗らと戦いました。その後も、足利氏と小田原北条氏による度重なる合戦が続き、国府として繁栄した府中市は、荒廃に向かいました。

 江戸時代

その後、江戸に幕府が開かれ、甲州街道が整備されると、府中市は宿場として再び繁栄を取り戻しました。 現在、府中市駅の東を通る都道133号線は、大國魂神社の参道だった道路で、正面大鳥居から約500メートルにわたり、国の天然記念物に指定されている馬場大門欅(ケヤキ)並木が続いています。この欅並木は、平安時代末に源頼義が前九年の役に出陣の際、勝利を祈願して奉納したのが始まりとされ、江戸時代初期には徳川家康がその故事にちなんで、関が原の戦い・大坂の陣の折に奉納しており、現在でも江戸時代初期の木が70本ほど残っています。

 明治時代・大正時代

明治に入り、明治11年(1878年)に郡町村編成法が施行され、府中市駅に北多摩郡役所が設置されるなど、多摩地域の中心として、歴史的役割を担ってきました。そして、幾多の屈折を経て、明治26年(1893年)に東京府に編入しました。大正12年(1923年)に開設された多磨霊園は、日本初の公園墓地で、周囲を雑木林に囲まれた園内は、桜の名所としても有名です。菊池寛・北原白秋など、数多くの著名人の墓があります。

 昭和時代・平成時代

昭和29年(1954年)、府中市町・多磨村・西府村の1町2村が合併し、人口約5万人の府中市が誕生しました。平成16年(2004年)には、市制施行50周年を迎え、現在は首都東京の近郊都市として発展を続けています。

(府中市資料提供)